サエルとアンプルールを比較してみた

サエルとアンプルールはどちらも人気の美白化粧品ということが出来ます。そんな両者の特徴、美白のメカニズム、値段比較検証していきます。

サエルとアンプルールの特徴を比較

サエルは大手化粧品メーカーであるポーラ・オルビスの敏感肌専門ブランドであるデイセンシアから販売されているホワイトニングケアラインの商品ということが出来ます。
基本的に美白化粧品というのはホワイトニング成分が含まれている分通常の基礎化粧品と比較して肌への刺激が強いと言えますがこのラインは敏感肌の人でも安心して使用することが出来るのが特徴と言えます。

それに対してアンプルールは現役の皮膚科医が開発したドクターズコスメで美白効果が高いハイドロキノンを配合しているのが特徴と言えます。
だから高い美白効果がある分肌への負担についてはサエルと比較して大きいと言えるでしょう。
つまり敏感肌の人にはサエルがお勧めで、より高い美白効果を求める人にはアンプルールがお勧めです。

サエルとアンプルールの美白のメカニズムを比較

サエルとアンプルールは配合されている美白成分も違えば、美白に対するアプローチも異なります。
サエルは敏感肌用の化粧品なのでまずは美白成分が効きやすい様に肌の状態を整えるアプローチを行っていて、特許技術であるヴァイタサイクルヴェールによって肌のバリア機能を高める効果が期待できます。

そしてハトムギ種子より抽出した白雪様がセラミドの生成をサポートする働きがあるので透明感のある肌を目指せます。
他にも天然由来のコウキエキス、ムラサキシキブエキス、アルニカエキスにより肌の炎症と老化を抑制する作用があります。

あとシミの原因となるメラニンの生成を予防する為の成分としてはエスクレシド、セイヨウノコギリソウエキスが配合されています。
つまり天然成分が多く使用されているのが特徴で主にシミの予防に力を入れた化粧品ということが出来ます。

それに対してアンプルールは美白成分として知られてるハイドロキノンが配合されています。
この成分は既に出来てしまったシミに対しても有効で漂白剤とも呼ばれていましたが、これまでは肌への刺激が強く安定しにくいことが問題でした。
アンプルールは世界で初めて刺激と副作用を抑えて安全性が非常に高い新安定型ハイドロキシを生成することに成功したのです。
その上アンプルールにはハイドロキシの働きをサポートするオリジナル成分AOカプセルが配合されています。

サエルとアンプルールの値段を比較

これからサエルとアンプルールの値段を比較していきます。比較対象となるのはサエル トライアルセットのラインナップを現品で揃えてみた場合のスキンケアアイテムです。
まずサエルはクレンジング2,700円、洗顔2,160円、ローション4,860円、美容液7,020円、クリーム5,400円で全て揃えると22,140円となります。

それに対してアンプルールはクレンジング4,104円、洗顔4,320円、ローション5,400円、美容液8,640円、美容液ゲル8,964円で全て揃えると31,428円となります。
つまり1万円以上もサエルの方がお得で購入しやすい価格帯ということが出来ます。

サエルとアンプルールを比較

まずサエルとアンプルールの特徴を比較するとサエルは敏感肌用の化粧品ということが出来、アンプルールは美白に特化した商品と言えます。

配合成分も美白に対するアプローチもかなり異なりサエルはシミの予防に力を入れている商品でアンプルールは既に出来てしまったシミに対しても有効です。

基礎化粧品のアイテムを揃えた時の値段を比較するとサエルトライアルセット おすすめの方がお手頃価格で購入しやすいと言えます。

【美白が効きにくい方へ】サエルトライアルセットラグジュアリーホワイト